2018年01月24日

平成29年度シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー懇談会でプレゼンさせていただきました。

SSAPプレゼン

いつも応援ありがとうございます、代表の森田です。

昨年末のことですが、S-SAP協定先の初の懇談会にて、私たちの活動をプレゼンテーションさせていただきました。

 

まずは、S-SAP(シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナ―)協定ってご存知ですか?

区内に拠点を置く企業や大学等と渋谷区が協働して地域の社会的課題を解決していくために、締結する公民連携制度です。

誰もが知っている大手企業と有名大学ばかり。それも「渋谷区」が持っている魅力のひとつですね。https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kusei/ssap/

そんな方々を前に、私たちの事業「Loco-working」とその事業拠点となる「Loco-working Centerの構想」を提案させていただきました。

 

Loco-workingって何?と、聞かれますが、これは造語です。

Loco=地元。

co-working=価値観を共有する仲間やグループで、社交や懇親が図れる働き方。

を意味しています。

 

私たちの団体は、その働き方を「子育て中の女性」が中心となり、「暮らす」と「はたらく」が、愛着のある場所でつながり、ライフステージに合わせた働き方が選択できる社会づくり、地域で活躍できる「人材とコミュニティー」を構築しています。

 

渋谷区の基本構想【ちがいをちからに変える街。渋谷区】は、私たち団体の象徴であると感じます。

現在、登録メンバーは150名。2020年には1000名を目指し、愛着のある街で活躍できる人とコミュニティーを力に変えていきます。

今年度もどうぞよろしくお願い致します。

2018年01月24日

CATEGORY:blog