2018年06月07日

13才のハローワーク、某中学校3年生からインタビューを受けました

1E1AB1D5-3ED1-4BBA-A508-E9E7EAFDC01A

こんにちは、代官山ひまわり代表の森田です。
先日、某国立中学校に通う中学校3年生(12名)の皆さんが、
「社会人の考え方や生き方・思いを知る」をテーマにNPOの取材をしたいということで、
私たちの団体を訪問してくれました。
聞くところによると、地方の学校が「探究学習」として2泊3日で東京に研修旅行をするプログラムがあるそうです。

「将来パイロットになりたい!」と語る男の子、キラキラした目で笑顔が可愛い女の子まで、
皆さん本当にしっかりされていて、自分の聞きたいことを準備してきてくれました。

インタビューの聞き手は、弊団体のコーディネーターを務めるエミリーこと土屋絵美さん。

●仕事の魅力・やりがい╱大変なこと・苦労することはなんですか?
●学生時代に準備しておくべきことは何ですか?
●社会に出て働くうえで、必要な “能力” は何ですか? 等々

とドキッ!!とする質問が飛び交い(汗)、自分の子どもと重複させながら、ちょっぴり母親の気持ちを
加えながら、答えさせていただきました。

反対に私たちからは「将来の夢は何ですかー?」と聞いたところ、
殆どのお子さんが「まだわかりません!」という答えでした。(可愛い★)
これから高校、大学、社会へと進んでいく中で、彼らが何を見て、何を感じて、成長していくのか。と
考えるだけでも、とってもワクワクします。

最後に私たちから伝えたことは、
「沢山のチャレンジをして下さい。そして、悩み苦しむ時もあるけど、自分の意見を言える人になってね」と話しました。
「またいつか、私たちのことを思い出して、話が聞きたいと思ったらメールちょうだいね♪」と伝えてお別れしました。

今回初めて協力いたしましたが、「13歳のハローワーク」とってもいいプログラムですね。
またいつか成長した彼らとあえたら、嬉しいです。

CD6032BA-961A-4551-816D-F01B842F5E0A

2018年06月07日

CATEGORY:event